トップページ  FX 美容 育毛 債務整理 転職 ウォーターサーバー 健康 歯科 管理者情報  サイトについて


健康



      
  眼精疲労は現代病

パソコンを使う仕事。細やかな作業を行う仕事。たくさん仕事はありますが、「目を使う仕事」というのはどうしても目が疲れやすいものです。私もパソコンとほぼ一日睨めっこをする仕事ですが、やはり目が疲れがちになってしまいます。
同じように目が疲れている人たちにぜひ知っていて欲しい事があります。それは「疲れ目」と「眼精疲労」の違いです。

「疲れ目」を医療用語でいうと「眼精疲労」になる、と思っていませんか?いいえ、全然違います。厳密に言うと、より重度の症状の事をそう呼ぶのです。
例えば、「疲れ目」は睡眠によって回復を見込めますが、「眼精疲労」だと寝たくらいでは回復しません。進行具合によっては頭痛や吐き気を伴う、ちょっと無視できない状態なのです。
とは言え、手術が必要になるとか、入院しなくてはならないという事でもありません。生活習慣の改善やちょっとした治療で回復させる事は出来ます。

寝る前に温めたタオルなどで目を覆ったり、軽く指などでマッサージをしてみるだけでも全然違います。血行を良くする事で老廃物の代謝を促し痛みや疲労を緩和させるのです。
あとは、視力の低下によってピントが合い辛くなっていて疲労しているケースもある為、眼科へ相談に行くという方法も勿論あります。
目に良いとされる栄養サプリを摂取する事で事前に眼精疲労を予防する事だって出来ます。

ブルーベリー画像今話題の、ブルーベリーを主成分としたサプリメントは、アントシアニンと言う成分が目をよくするといわれています。

また、ブルーベリーの青い色素は、目の疲労を和らげ、視力向上にも効果があるとそうです。

補足なのですが、ブルーベリーには、人間を錆びさせない抗酸化作用も含まれています。


いつまでも若々しく、そして、老化を遅らせてくれる、、、ちょっといいですよね!

こういったサプリメントを上手に利用して、まずは自分に合った対策を練る事が重要となってくるのです。




Copyright©kaburisuku 2011 All Rights Reserved.